MMO大航海時代でのブログです。


by s_saara
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

副官だーー!その2 サーラの巻

ふっふっふ。。。
イディオがダメでもサーラでなら雇えるのだw
Lv20の壁ナゾ、とうの昔に過ぎておるワw

というわけで♪
スカー・サーラも副官探しにお出かけしました。
まずは、そのときいたロンドン。

にぎわう酒場でマスターに身体言語で話しかけます。
・・・忙しいからなのか、身体言語が通じません・・・。
「しかとこくなよ。。。」
むっとしつつも再びチャレンジw
・・・やっぱりシカトです。。。
サーラは人を掻き分け、ずんっ!とマスターの前を陣取りました。

「副官くれ!」
サスガに今度は身体言語も通じ、マスターが副官ボタンを表示してくれました。
(そうそう、はじめから素直にそうしてくれればいいのよ♪)
などどおもいながらウキウキとイディオの果たせなかった夢の「副官ボタン」を。。。

ぽちっ。。。





っとおしました。

おぉぉ@@
いろいろな職業の副官がいる中、ひときわ目を引いたキャラの、、、
聖職者。。。。
おでぶちゃんw

「か。。。。かわいいwwwww」

サーラはあやうく、雇用しそうになりましたw

いやまて。
まだロンドンだ。@@
アムスには幼女も居るらしい。。。
あちこちみてからこのおでぶちゃんでもいいだろう@@

・・・てなわけで出港w
目指すはアムスです。
ここの酒場も超満員。
ほんでもってサーラは人を掻き分け、ずんっ!とマスターの前を陣取り、身体言語を発動!
一発で決まりましたw
表示された副官雇用ボタンをぽちっとおして。。。。

でるわでるわ、いろんな人が@w@
ウワサの幼女も発見w
「でも髪型がイヤだからこの子ぢゃイヤー」

で、画面をスクロールしていくと。。。
「博物学者:エドガー」。。。?

博物学者といえば冒険のスキルがイロイロと優遇職のはず。。
きっと、この人を雇えば、生物以外のクエやらナンやらも
ヘルプしてくれるのでわ・・・・・・。

ハイ。そうです。
邪道です。
わかってます。

おもわず、そんなよこしまな思いから、
副官探しに立ち寄った2つめの港で、
エドガー君を雇ってしまいました。

そしてその後驚愕の事実に気づくのです。。。

そんなことにまだ居づかないおいらは、無謀にも、物は試しに通常なら
自分では受けないクエ(スキルもって無いクエ)をうけて、エドガー君の実力が使い物になるかどうか、
船出したときのことでした。。。。

新しく追加されている副官関連のコマンドから、
何とはなしに副官情報画面を表示してみたら。。。。
あらあら。びっくり!
「こいつ、オランダ語しかもってネェ!!!」Σ(@@ノノ

・・・即効でクエは破棄されました(;_;)
どんぶらこと進む船の進路を、プリマス付近で、Uターンさせアムスに戻る道すがら
「こいつどーしよーー@@;」
とおもったそのとき。。。
副官がレベルア~ップ!!
そしてエドガーがいいました。。。。

「これで私も少しはアナタのお役にたてるのだろうか。。。」

・・・(っ_;)
・・・なかせるじゃねぇか(っ;)
・・・なんて謙虚なんだお前さんは。。。(っ_<)

おぅよ( ̄へ ̄)
やくにたってもらうさ!
解雇なんてしネェよ!!(いままでちょっとおもってたけどw)
おめぇさんはおいらのもんだ!w

というわけで、お名前もかえちゃいましたw
これで愛着わいて、かいこできませんなw
ぐははははw

と、いうわけで、サーラ一家の副官こと相棒をご紹介します。
f0063878_12252594.jpg


はやくおおきくなれよ... イイコイイコ( ・・)ノ(・・)ウンウン
[PR]
by s_saara | 2006-02-24 12:28 | 大航海時代